鉄分不足で起こる貧血|鉄分はサプリメントで補おう

女性

鉄分の不足の要因と対応策

メンズ

血中鉄分不足の特徴と方策

鉄欠乏性貧血の主だった要因は、鉄分不足といえます。血の成分のひとつである赤血球は、酸素を運搬する役目を果たします。赤血球中に見られるヘモグロビンそのものが酸素と結びつき、肺より取り込まれた酸素を身体中に循環させます。こうしたヘモグロビンを作るのになくてはならないのが、鉄です。鉄不足になると、ヘモグロビンが足りなくなるため酸素の運搬自体が成り立たなくなります。したがって、動悸や息切れ等の症状が起こります。度を越したダイエット、あるいは偏食によって、鉄分不足が引き起こされることもあり得ます。女性の方の場合妊娠中、あるいは授乳中において、胎児、あるいは母乳に鉄分をとられることから鉄分が足りなくなり、鉄欠乏性貧血の元凶となります。女性の方は月経、あるいは分娩で身体の外へ出血が生じることから、貧血が生じやすくなります。加えて、痔、あるいは胃潰瘍、さらに胃腸のがんや、子宮筋腫などによって身体の中で出血が生じているケースがあります。以上のように、鉄欠乏性貧血はなにかしらの疾患のサインを表す場合もあることから、臨機応変に検査を受けることが大事です。貧血を防ぐためには、栄養状態が良好の食事を食べることがベストです。3食規則的に、栄養状態の良い食事に留意することが必要不可欠です。無理があるダイエットをせず、きちんとバランスがしっかりした栄養を摂取するようにしましょう。しかし、貧血を生じやすい女性の方の場合、自覚して鉄を摂りいれるよう心がけを欠かすことが出来ません。鉄欠乏性貧血の特有の症状が発生した場合、まず第一に要因となっている月経過多、あるいは胃腸の潰瘍などを完治させることが必要不可欠になります。抜本的な要因を解決することが大切となります。